HOME > SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~ > 研修会関連 > 自社ブランド製品を準備中です ~㈲京都ケミサプライ様(京都市)~

SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~

< 新商品「スーパーバイオⅠ」と「スーパーバイオⅡ」で作業短縮と鮮やかな復元を実感しました。  |  一覧へ戻る

自社ブランド製品を準備中です ~㈲京都ケミサプライ様(京都市)~

01 20181204.jpgのサムネール画像

先日、㈲京都ケミサプライの田中社長、水野氏、清水氏の三名がご来社くださり、微生物の活性と有用性、そしてアレルギーなどについて学習会を行ないました。

㈲京都ケミサプライ様は、近くバイオ洗浄剤をOEM製品として自社ブランドで販売される予定です。
それに先立って「京都企業グリーンイノベーション市場参入支援事業」として選ばれました。
洗浄剤のベースは「ホームレメディ」ですが、自社ブランドとして名称や容量、ラベルなどもほぼ完成しているようです。
衛生管理のできる注入機を購入し、販売に向けての準備が進行中です。

自社の製品として販売するにはなかなか難しいこともあるようですが、私にできることはなんでもお手伝いしたいと思っています。
販売での成功を切にお祈り致します。


03 20181204.jpgのサムネール画像














04 20181204.jpg













02 20181204.jpg


水野氏、清水氏とも久しぶりにお会いできました。
とてもたくましくなって将来が楽しみです。





カテゴリ:

< 新商品「スーパーバイオⅠ」と「スーパーバイオⅡ」で作業短縮と鮮やかな復元を実感しました。  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

定例の技能向上勉強会を行いました

今回の大きな目玉は、契約企業2社、有限会社京都ケミサプライ 代表取締役 田中氏と有限会社九州光洋 専務取締役 納富氏の現場対応の体験談でした。
惜しげもなく技能まで公表して下さいました。
心から感謝申し上げます。


20180409001.jpg
有限会社京都ケミサプライ 代表取締役 田中 氏









20180409002.jpg
有限会社九州光洋 専務取締役 納富 氏









私はある意味において技能は公表することで、さらに向上するものと考えており、さらにそれがご参加いただいた契約社様のやる気に火をつけ、ビジネスプランのお役に立てるものと思っています。


20180409003.jpg











これからもご参加下さる方々にご協力を頂きながら、こうしたことを是非行っていきたいと願っております。


20180409004.jpg











ビニールクロス、布クロス、布製家具のバイオクリネス洗浄剤をより安全に改良したことで、なお一層ビジネスに拍車がかかり売上向上のお役に立てるものと思っています。

布クロスなどの洗浄は、競合他社にはできないことですから、営業をする上でも実行する上でも強力な武器になります。

そして、競合他社ではできない「布製家具などのシミもきれいに除去できること」は、営業する上で「こんなこともできる技能をもっている」と評価して頂けると思います。

小さな殻に閉じこもらずに世界を視野に入れて困難なことに挑戦していきましょう!

皆様のご活躍とご健康をお祈りいたします。


20180409005.jpg











~関連記事~


私たちは汚れやカビについて勉強しています

6月19日(月)~20日(火)の2日間で知的財産使用許諾の為の研修会「抗カビ方法」を開催しました。

20170818001.JPG


~誰がいつやっても同じ結果が出る~
再現性や科学的根拠(裏付け)が必要です。
例えば、「汚れが落ちた」「カビ・汚れが見えなくなった」だけの話では再現性や科学的立証はできません。


一般的にカビは、あるレベルのお掃除の方法と殺菌力のある洗浄剤を使用すれば、
1ヶ月~2ヶ月カビの増殖を止めることができる場合があります。

しかし、特別な技術と特別な洗浄剤、カビ抑止剤がなければ、1年、2年カビの増殖を止めることはできません。
そして、施工する人の技術レベルで結果の善し悪しが決まるようでは再現性がないということです。


20170818002.JPG

20170818003.JPG


誰がやっても同じ良い結果が出てお客様にご満足いただくため私たちは勉強し続けています。

「カビとはどんな生物か?」
「カビ発育条件とは?」
「創研のカビ専用洗浄剤(特許)の効果と安全性」
「創研のカビ抑止剤(特許)の効果と安全性」
「塩素系、アルコール、メタノール等を使用したカビ汚れの洗浄効果と持続性、
それに対する創研の特許製品を比較し臨床実験で確認」
「洗浄度の検査方法とその技術」
「カビの毒性やアレルギー、健康被害についてカビの種類ごとに分類しテキストで学習」
「主なカビの発生箇所とカビの種ごとの対処方法」
「創研の抗カビ剤とその工法(特許)について」
「なぜカビを死滅させることができるのか、そのメカニズムについて」
等々2日間にわたり勉強しました。


20170818004.JPG



20170818005.JPG

・㈱アサヒプランニング(広島)  小田 一美氏

・㈲九州光洋(福岡)        納富 徹 氏、 安部 吉亮氏
・㈲京都ケミサプライ(京都)   田中 完士氏
・㈱グローバー(東京)      生巣 誠蔵氏
・㈲SOKEN飾屋(静岡)    望月 文秀氏     
・㈱東商サービス(東京)    川筋 修平氏
・㈱リバイブ(愛知)       大野 泰輔氏


私たちは安全な環境を造ることに貢献します。

これまで不可能とされた「微生物(カビ)は微生物(有用微生物)によって制する」ことを実現できる会社です。


研修会の鋭意準備中です

6月19日(月)と20日(火)の両日に「抗カビ剤の製造方法及び抗カビ方法(特許第5922628号)」の知的所有権使用許諾に伴う研修会を行います。

20170616002.jpg


只今、社をあげて、資料など研修会の準備を進めています。


20170616001.jpg



カビは、アレルギー真菌症、ガンなどの原因となっていることは、臨床医学的に明確になっています。

しかし、定量(標準化)ができない(つまりカビの数もカビの種類も人それぞれまたは1戸ごとに大きくことなる)ので公的機関は指針を決めかねています。

そんな背景もあって、建物のカビに関する公的な基準や効果的な抗カビ剤や防カビ施工も既定のようなものはありません。

カビは、微生物ですから取扱いや防菌方法などは専門的な研修や知識が必要です。
SOKENは単にカビ取り剤としての商品の販売や単なる「おそうじ」のサービスではなく、
「抗カビ剤の製造方法」(特許)と「抗カビ方法」(特許)でカビの調査、建築物の保全をおこないます。

研修会参加者の方々には、事前にカビ拭き取り検査用品「ワイプチェック」をお渡しし、カビが気になる箇所からサンプリングし、当日お持ちいただくことになっております。

20170616003.jpg




研修会の実験結果~タイルカーペットバイオ洗浄~

試料は、「墨汁」、「ラード」、「オリーブオイル」、「油性木部着色剤」「砂塵」等でシミ汚れになっているタイルカーペットです。


20170307002.jpg


























バイオ洗浄に限らず、洗浄の基本は、「乳化-剥離-親水(水ですすぐ)」の順で汚れを除去します。
「泡」が出なければ汚れは乳化しません。
特にバイオ洗浄泡立てることが基本です。


バイオ洗浄の効果>
バイオ洗浄の大きな特徴は、無機物有機物汚れ泡によって乳化させる(分解酵素)ことで除去できる点です。
そして洗剤の残留が徐々に生分解するので、洗浄後に再汚染を予防できます。
カーペットの汚れは悪臭の元です。
そうした悪臭を生産する原因の腐敗菌を殺菌することもできます。


バイオ洗浄の結果>
試料の「墨汁」、「ラード」、「オリーブオイル」、「油性木部着色剤」「砂塵」等はバイオ洗浄で除去できました。

20170307001.jpg


























研修会の詳しい模様は、以下の記事からご覧いただけます。

社長ブログ「創研主催の研修会「グレーバイオテクノロジーを勉強する」を行いました」⇒コチラ

新着情報「創研㈱主催の実務研修会を開催しました」⇒コチラ




このページのトップへ