HOME > SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~ > アーカイブ > バイオクリネス洗浄関連の最近のブログ記事

SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~ バイオクリネス洗浄関連の最近のブログ記事

創研の喫煙室バイオ洗浄は三次喫煙による健康被害も防止します

最近、都内のオフィスビルの喫煙室をバイオ洗浄しました。
お客様は作業のスピードと仕上がりにかなり驚いたご様子で、しかも臭いが無いことに感激していただきました。

0120190515.jpg



<施工前>

カレンダーを掛けていた箇所だけ白く
周囲のヤニ汚れとの差がはっきりと
わかります。







0520190515.jpg



<施工中>

ヤニ汚れで茶褐色だった壁が
洗浄した箇所だけ白くなりました。








0220190515.jpg



<施工後>

ヤニ汚れが除去できたことで
壁の白さと光沢が戻り
部屋全体が明るく清潔になりました。







喫煙室のタバコのヤニ(タール)には、べンゾピレン、アミン類、NNKなどの発ガン物質が含まれていることが、最近の研究(アメリカ エネルギー省管轄のローレンス・バークレー国立研究所 ボーハン博士らの研究)でわかりました。
喫煙室の脱臭にオゾン脱臭器を使用すると、オゾンや亜硝酸がヤニ汚れと反応し、ガスが発生し発ガン物質が産生されます。
こうした有害物質を吸入することを三次喫煙といい、副流煙(受動喫煙)よりもその健康被害が危惧されています。

創研では、喫煙室のバイオ洗浄と脱臭を行う時は、有用微生物を含有する洗浄剤で洗浄した後に有用微生物をミクロの霧状にしたものを噴霧します。化学合成剤やオゾンは一切使用しません。
そのため三次喫煙による健康被害を防止できるのです。

施工実績「東京都 オフィスビルの喫煙室のバイオ洗浄」もご覧ください







京都ケミサプライ様の「TOLLETTA(トレッタ)」発売によせて

有限会社京都ケミサプライ様が、住居用洗浄剤「TOLLETTA(トレッタ)」を発売されました。
化学物質を使わず、微生物の力を活用した洗浄剤です。

これからの時代は、バイオエコノミー社会になるために世界的な研究や新製品開発が行われ、OECD(経済協力開発機構)の2009年の報告書では新たな経済的枠組み「バイオエコノミー」を提唱し、化石資源の使用の抑制によって2030年にはOECD参加国のGDPの2.7%相当のバイオ市場(1.6兆ドル)が農業(食品を含む)、工業(化成品代替バイオ製品の製造など)、健康(ヘルスケア)の分野で形成されると予想しています。
バイオエコノミー社会の一端になるべく、京都のリーディングカンパニーとして、
㈲京都ケミサプライ様(代表取締役 田中完士氏)が「TOLLETTA(トレッタ)」の販売に踏み切られたことは、時代の先端を行く新しい産業を起こしたものと考えております。

世のため人の健康のためにご努力される京都ケミサプライ様が、どうか販売に成功されることを祈っております。

0120190322.jpg











左から㈲京都ケミサプライ 水野氏、田中社長、清水氏



住まいのお手入れは自然の産物である有用微生物のバイオテクノロジーで

1620181002.jpg

新協建設工業株式会社様(東京都台東区)のご紹介で、千葉市の個人邸のヒバ、ムク材をバイオ洗浄後、防カビ剤入り蜜ロウワックスを塗布する工事を3日間かけておこないました。

快晴で高温だったのでバイオ洗浄には最適の日でしたが、洗浄も蜜ロウワックス塗りも全て手作業のため、熱中症にならないよう水分、塩分を補給しながらの3日間でした。



1520181002.jpg今回の受注は、約1年前にムク材を使った浴室をバイオ洗浄し防カビ剤入り蜜ロウワックスを塗布した結果、カビが発生しなかったことをお客様に評価していただいたようです。

ムク材は、木の香りが心地よく、室内の空気をきれいにする作用があります。
まさに森の中で暮らしているように気分が良く、アレルギーや化学物質過敏症の対策にもなります。



弊社では、ムク材と同じ天然素材のバイオ洗浄剤を使用して汚れを取り除き、天然の蜜ロウでムク材を保護します。
勿論、化学物質は使用しませんからアレルギーなどにはなりません。


ムク材を使用した住宅にお住いの方、上手にお手入れができずお悩みの方はご一報ください。
また、ムク材のカビにお悩みの方もぜひご一報ください。
弊社に
はムク材を美しくよみがえらせる技能と知識、そして洗剤があります。


弊社にご用命くださった新協建設工業株式会社様は、首都圏の他、大阪支店、石川支店、広島営業所と広く営業されています。
自社で設計し自社で完了検査をおこない、アフターサービスまで整ったシステムは素晴らしいものです。

さらに日本の木材を使用し林業とともに生きることをコンセプトにされており、「住まいを予防医学する」ことを大切にお考えになっています。


私も、住まいがアレルギー、化学物質過敏症、シックハウス等、現代病の発症の原因となってはいけないと考えています。
日本の木材で、極力、化学物質を使わない家づくりを推進されている新協建設工業株式会社様をアフターフォローの面でお手伝いさせていただければ幸いと考えております。



施工実績のページも併せてご覧ください→コチラ


新商品「スーパーバイオⅠ」と「スーパーバイオⅡ」で作業短縮と鮮やかな復元を実感しました。

軽井沢ゲストハウスの布張りソファとウールカーペットを、新製品「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」で洗浄しました。


最初に「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」で全体洗浄をし、ワイン・コーヒーなどの食物のシミの部分には「SOKENバイオシミ抜き剤」を使いました。


従来は「SOKEN201」と「SBS」を使用していましたが、新製品の「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」は汚れ落ちが早くしっかり汚れを落とします。

                                                                                                

「SOKEN201」は漂白効果がありますが、タンパク汚れや油脂汚れには新製品の「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」が効果的です。 「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」にはタンパク、油脂などをすばやく分解する微生物由来分解酵素3種類が配合されています。なおかつ生菌(芽胞菌)も配合されていますから悪臭の消滅もでき抗菌作用も持続します


①座面全体をブラッシン



②シミの部位をさらにブラッシング



③最初にシミの部分に「スーパーバイオⅠ」と「スーパーバイオⅡ」の混合液をしみ込ませる


④全体に「スーパーバイオⅠ」と「スーパーバイオⅡ」をウエスで塗りつける