HOME > よくある質問 Q&A

よくある質問 Q&A

カビ】【業務用商品】檜風呂に部分的に点々とある黒カビを落としたいのですが漂白のように木の色が変わっては困ります。黒カビだけ落とせる商品はありますか。いつもは市販の洗剤とカビキラーで掃除をしています。

漂白すると檜の風合いは失われ、二度と元に戻りません。

木製の浴槽を一般の洗浄剤とカビキラーなどで日常的に洗浄されていて、黒ずみが部分的に点々とあるとのことなので、カビが深く浸透している可能性があります。
こうした場合の対策としては、まず弊社の「白木アク抜き洗剤」を、柔らかいスポンジで黒かびに塗り付け浸透させるイメージで洗ってすすぎます。これでどの程度まで黒ずみがなくなるかをテストします。
次に「檜風呂用バイオ石けん水」で全体をスポンジで洗い、水ですすいで乾燥させてください。

「白木アク抜き洗剤」は黒色が目立ってきたとき、「檜風呂用バイオ石けん水」は日常のお掃除にお使いください。

カビ】【家庭用商品】エアコンのカビの清掃を自分でしたいと思いますが可能でしょうか。

壁掛け式のエアコンの場合、業者は、高圧式の電動スプレーでエアコン内部に噴射して汚れを流してから水ですすぎ洗いをするのが標準的な方法です。
個人でエアコンの汚れと脱臭、カビ抑止をされる場合は、「ホームレメディ」と「スメルキャッチ」をご使用ください。機器がない場合、できるだけ分解して「ホームレメディ」10倍液で洗浄し、エアコン内部にスメルキャッチをよく噴射しておくことで、脱臭、カビ抑止効果があります。

家庭用商品】【業務用商品】飲食店の客席の「魚、カニなど」の消臭には何が適していますか。

飲食店の悪臭はいわゆる「複合臭」といわれるもので、手強いものです。
弊社ではシステム脱臭を行っています。
個人で消臭される場合は、悪臭分解剤「SBZ」または家庭用消臭剤「スメルキャッチ」をご使用ください。

家庭用商品】消臭剤「スメルキャッチ」には石油由来のものが入っていますか。

「スメルキャッチ」の成分は、土壌由来の1種類の微生物と純水のみです。石油由来の化学物質は使用しておりません。

家庭用商品】消臭剤「スメルキャッチ」で人工香料やこびりついた香水、ケミカルの臭いは消臭できますか。

香料の成分は閾値が低いので、消臭には消臭効果のある有用微生物の組み合わせ、吸着物質などの併用、洗浄のスキル、装置、加温などが必要となります。何か特別な消臭剤で一気に脱臭することは不可能だと思います。お役に立てず申し訳ありません。
尚、弊社の微生物の特徴は、瞬間消臭には向いていないようです。物質の分解能はすぐれていますが、微生物の活性には時間を要するからです。


カビ】自宅の檜風呂のカビ取りと防カビで御社の製品を使用してみたいのですが、檜風呂用の商品は業者向けのみですか。

檜風呂用の商品は業務用として掲載していますが、一般の方にも販売しております。
使用方法のとおりにご使用下さい。

尚、当社による施工も行っております。システム化した洗浄方法で、現在のカビの繁殖状況と檜の劣化状況を判断し、施工いたします。施工のご要望がございましたらご連絡ください。

家庭用商品】プロに頼まず個人で壁紙をクリーニングすることはできますか。一度クリーニングすると、次回はいつ頃すればよいでしょうか。

個人で壁紙をクリーニングしていただくことは、少し苦労されるかもしれませんが不可能ではありません。
専用の用具があった方がうまくいくかもしれません。
高い所や足場の不安定な所はご注意いただいた方が良いと思います。
クリーニング後、日常のお手入れとしてナイロンハタキでホコリをこまめにはたいていただけば
4~5年はそのままで良いと思います。

家庭用商品】ホームレメディの注意書きの最後に「スプレーしないで下さい」と書いていますが、なぜダメなのでしょうか。

石鹸水をスプレーすると、粘膜(鼻孔)が刺激されクシャミが出るためです。石けん水は全て同じです。
ホームレメディに含まれるバイオ(当社の微生物)が健康を害する恐れがあるからということではありません。

家庭用商品】布クロスの洗浄に適した洗剤を教えてください(業者様からの質問)

布クロスには「フェントン」が良いと思います。フェントンはそのまま塗布することで汚れを除去するメカニズムです。
初めて施工する場合は、十分に他の場所で試行してからご使用ください。不慣れな方が施工すると失敗する恐れがあります。


その他】【カビ】コンクリート打ちっ放しの部屋の色々な所に、雨のせいかカビのようなシミが出ています。カビなら何か対策をと思うのですが、ベランダもなく、換気もあまりない部屋なのでどうしたらよいか悩んでいます。雑巾で拭いても何もかわりはないのですが、そもそもコンクリート壁にできるカビとはどのようなものですか。

シミが色々な所に広がっているのは、カビが増殖した状態です。雑巾などで拭くとカビは広がるだけです。そのような事例は珍しくありません。
カビにはカビの対応が必要です。
因みにカビは採取、培養、特定しなければ菌類はわかりません。健康であれば、直接、悪影響を受けることはないのが一般的です。


<<前のページへ12345678

このページのトップへ