HOME > よくある質問 Q&A

よくある質問 Q&A

その他】【カビ】コンクリート打ちっ放しの部屋の色々な所に、雨のせいかカビのようなシミが出ています。カビなら何か対策をと思うのですが、ベランダもなく、換気もあまりない部屋なのでどうしたらよいか悩んでいます。雑巾で拭いても何もかわりはないのですが、そもそもコンクリート壁にできるカビとはどのようなものですか。

シミが色々な所に広がっているのは、カビが増殖した状態です。雑巾などで拭くとカビは広がるだけです。そのような事例は珍しくありません。
カビにはカビの対応が必要です。
因みにカビは採取、培養、特定しなければ菌類はわかりません。健康であれば、直接、悪影響を受けることはないのが一般的です。


家庭用商品】壁紙のヤニ取りにはどの洗剤がよいか教えてください。壁紙は、ボコボコした感じの紙壁紙です。

紙の壁紙とのことですが、一般的には紙を壁に貼ることは少ないようで、紙に似たビニールが多いようです。素材をお確かめいただければと思います。紙の場合、クリーニングはプロにしかできません。

ビニールクロスの場合でしたら、クリーニングには「A液 フェントン」と「B液 バイオタント」2つの商品をお使いください。


その他】「6段階臭気強度表示法」の内容ですが他のものに例えるとどんな臭いが近いのでしょうか?(例:臭気強度3=納豆の臭い)

6段階臭気強度表示法は悪臭防止法の根底をなすもので、比較的低濃度の臭気を表すのに適している方法といわれています。
臭気をほかのものに例えるというのは個人差があるので例えようもありません。個々人の嗅覚、年齢、性別、経験、学習によって「例え」というものは違ってきます。納豆の臭いを「食欲をそそる」と感じる人もいれば「不快だ」と感じる人もいるでしょう。
また自分の体臭は不快に思わないのが一般的ですが、他人は「不快」、「非常に不快」と思う人もいるかもしれません。

トイレは腐敗臭です。そのため6段階臭気強度表示法に当てはめると「1」(やっと感知できる臭い)でも不快を感じます。

硫黄化合物・・・腐ったキャベツ
アンモニア・・・ツンとする刺激臭
スカトール・・・糞便臭
酢酸・・・汗臭
イソ吉草酸・・・ワキガ、蒸れた靴下など

これらの物質の複合臭はやっと感じる場合でも不快です。

家庭用商品】善玉増殖菌工場をトイレに置いたところ、開封3ヵ月程度で白い点々ができました。品質に問題はないですか。

善玉菌増殖工場 白い点々.JPG商品に異常はなく、機能にも障害はありません。
白い点々は、当社の有用微生物がゲルの表面で増殖し、それが人の目に見えるようになったものです。有用微生物がゲルに混入していて室内の空気を吸引することで有害物を分解消滅した証拠でもあります。
こうした現象は他の脱臭剤には見られないことです。
世界特許のゲルで室内の有害物を吸引し、吸着したものを再放出せず、有用微生物(特許生菌)で分解消滅させる2つの特許を用いた室内の空気浄化機能を持っているのが善玉菌増殖工場です。

家庭用商品】ベジレメを使って貝の殻を洗っている写真を見ましたが、このベジレメを使ったら貝の中の砂も一緒に取れますか? また、じゃがいもの泥もキレイに落ちますか?

貝殻の表面汚れは良く落ちますが貝の中の砂は生きた貝自体が吐き出すものですから、ベジレメの効果ではありません。
野菜表面の病原菌、農薬は落ちますが、泥自体は微生物ではありませんのでこすり落として下さい。

家庭用商品】ブーツや靴のニオイはスメルキャッチを噴霧してもすぐに消えないのでしょうか。 下駄箱がなんとなく気になります。

善玉菌増殖工場を2ヶ月程度下駄箱の中に入れて置くのも1つの方法です。
また、布にスメルキャッチをスプレーし、丸めてブーツ又は靴の中に入れて置くのも良いかもしれません。
スプレーした布が乾燥しても効果は約1ヶ月間続くはずです。

家庭用商品】ホームレメディで布巾の滅菌もしてしまっているのですが問題はないでしょうか。 HPに使ってはいけないものなど載せておいていただければ助かります。

布巾、肌着、そして鏡、ガラス、カーペット、ソファ、食器など汚れが付着する全てのものにご使用可能です。
洗浄用として使用できないものはありません。

家庭用商品】開封後、6ヶ月が使用期限ということですが暗所において6ヶ月過ぎたものが残っています。大家族ではないのでどうしても残ってしまいやすいのですが。効果は全く無くなってしまうのでしょうか。

微生物はヒトよりもずっと前から地球に生存しています。
弊社商品は暗所に保存いただけば、ほとんど障害はありません。

家庭用商品】油ものの食器洗いにはどのような使い方をすれば良いのですか。あまり落ちないように思うのですが。それとも食器には別のものが良いのでしょうか。

市販品のように強力に油汚れを落とすためには、化学合成界面活性剤を使用する以外に方法はありません。
それはイコール地球環境をどんどん汚染することになります。
ホームレメディを油汚れにご使用になる場合は、スポンジに重曹をひと振りし、ホームレメディの溶液を加えて泡立てていただくと、油汚れも落ちるはずです。
(但し、重曹は手を荒らしますので手袋をご着用下さい)
また、現実的な方法ではありませんが、ホームレメディの溶液に6時間ほど食器をつけ込んでいただいても、油汚れは落ちるはずです。
油汚れ、特に動物性油脂の油汚れは、なかなか厄介です。
それは即ち、体内に入った脂(食品として摂取した脂など)についても同じことが言えます。
ホームレメディは、石鹸と微生物由来の酵素と菌体が複合されていますので、人体内と同じ条件で脂汚れを落とす力はあると考えています。
(=人体内に入った脂は、油脂分解酵素などの力で6時間くらいかけて消化されます。)
 それ以上の油汚れは「こすり落とす」「つけ置きする」などの方法と上記の重曹との併用以外ありません。

 このようにホームレメディは油汚れの除去は苦手としておりますため(=時間がかかるため)、あえて用途から食器洗いをはずし、住居用とさせていただいております。

家庭用商品】お客様から次のような感想を何件かいただきました。

「洗濯の時、ホームレメディを入れるとカビ防止になると聞き、毎回入れていました。
ホームレメディで洗った下着類を着るようになってからアトピーの傾向がある息子が痒いと言わなくなりました。今ではホームレメディだけで洗濯しています。ふんわり仕上がるので市販の柔軟剤は使用しなくなりました。」

以上のような事例はホームレメディのどのような作用が影響しているのでしょうか。



ホームレメディは「微生物」の分子数量が「石けん」の分子数量より多いのです。

【痒みに対する作用(ホームレメディの分解能力と抗菌作用による)】
従って残留した石けん分も(着用することで)徐々に分解し消滅しますから、皮膚刺激がきわめて少ないこと。
そして、下着類に付着、残留している微生物は直接ヒトの皮膚の脂質に作用することで痒みの原因物質(バイキン)が不活性化(増殖したりしない)すると考えられます。
カビ、大腸菌、黄色ブドウ球菌、その他、感染症をひき起こすバイキンに対し抑止能力があると考えられます。

【アトピーに対する作用(ホームレメディの石けん成分と抗菌作用による)】
アトピーは夏季、冬季に関係なく痒みが起こるものですが、あまりの痒みでついつい皮膚を傷つけてしまいます。
医者のほとんどはステロイド外用薬を使用して治療します。
結果的に炎症性サイトカインが多量に誘導され激しい炎症が広がります。
こうしたアレルギー反応の原因となる物質にホコリ(汚れ)、動物の毛、金属イオン(合成洗剤)、有機溶剤の皮膚接触、そしてバイキン(カビ、細菌)があります。
これらアレルギーの原因となる物質に対し、抗菌作用が起こり痒みを軽減する作用があるものと考えられます。

【何故ふんわり仕上がるのか】
ホームレメディの主剤は微生物なので、合う素材では、よく汚れが分解されることによって、素材の復元が起こりふんわり感が出てくるものと思われます。
また、石けん洗剤なので油脂分が繊維に浸透することで、ふんわり感がでるものと考えられます。

<<前のページへ1234567

このページのトップへ