カテゴリ

HOME > 新着情報

新着情報

本日、研修会二日目です。~ASK株式会社様(広島県福山市)~

昨日から、弊社事務所にて「知的財産使用許諾契約のための研修会」を開催中です。

201707210001.jpg


201707210002.jpg

お二人ともバイオテクノロジーは初めての分野のため、「微生物をここまで活用できるのか!」と興味津々、とても熱心に受講して下さっています。

201707210004.jpg

ご一社対象の研修会ですので、気兼ねなく現場経験からの疑問点、ご質問をいただき、その都度お答えしています。



知的財産使用許諾契約のための研修会を行います 2017年7月20日(木)~23日(日)

この度、ASK株式会社様(広島県福山市)より知的財産使用許諾契約のお申込みをいただき、研修会を実施することになりました。

2つの特許技術「ビニールクロス洗浄」と「抗カビ方法」の研修を四日間で実施致します。


社長ブログ「創研のカビ取り(特許)について」をアップしました

社長ブログ「創研のカビ取り(特許)について」をアップしました⇒コチラ

新特許~抗カビ方法~研修会実習「身近なカビの培養」結果が出ました

619日、20日に開催しました「抗カビ方法」の研修会参加者に、事前にカビ拭き取り検査用品「ワイプチェック」をお送りして、調べてみたいカビを採取しお持ちいただきました。

研修会では、そのカビを培養するまでの過程を体験していただきましたが、培養結果が出ましたのでお知らせします。



20170721001.jpg

うまく培養できています。
カビ種は、Penicillium islandicum(ペニシリウム イスランジクム)です。
Penicillium属の中でも顕著な橙色を呈します。
1940年代後半、黄変米事件で有毒カビとして疑われました。
PH5~6(ほぼ中性)で生棲します。
アルカリでは、生棲しません。
中温性(いわゆる常温)で生棲します。
食品(特に穀類)に多く発生、増殖します。
カビ毒のルチオスカイリン、イスランジトキシン、シクロクロロチンを産生します。
このカビ毒は肝硬変、肝がんの発生に関与します。
※もし、水道口の蛇口にフィルターなどがつけてあったり、または浄水器などが
あれば、徹底洗浄か取り外しをご検討下さい。(除去)
このカビは、空中にも多量に飛散しますので、天井、壁、床、木部を
徹底的に洗浄し、現在のカビをリセットしてください。



20170721002.jpg

水分が多すぎたので、上手に培養されていません。
今後は、水を少なめに垂らしてください。
白い筋状のカビが見えます。
カビの種は、Aspergillus terreus(アスペルギルス テレウス)です。
体のアカ、フケ、ハウスダストに生えます。
強力なカビ毒はありません。
しかし多種の代謝産物をつくり出す能力があります。
日和見病原性、特に耳真菌性の病原菌です。(中耳炎など)
PHは5~6弱酸で増殖します。
乾燥していても生えるカビです。
多量の分生子をつくり出すので注意を要します。
壁、天井を6ヵ月~1ヵ年に1度はバイオ洗浄でアルカリ性に保全することが大切です。
今生棲しているテレウスをリセットしてください。
放置すると増え続けます。



20170721003.jpg

良く培養できています。
典型的なAspergillus niger(アスペルギルス・ニガー)です。(クロコウジカビ)
PHは4~6(弱酸か中性)で生育します。
室内が乾燥しても生育は止まりません。(耐乾性があります)
空気中に多量の胞子を産生しますので喘息、気管支炎に要注意です。
繊維、植物、木材、ハウスダスト、ビニールクロスなどによく生えます。
アルカリに弱いカビなので、「Miura-A」「Miura-B」で室内外の洗浄をおこなう必要があります。
洗浄をして、一度カビをリセットしないと6~12カ月毎にカビは更に増殖し続けます。

★「Miura-A」:有用微生物を含有する石けん水
★「Miura-B」:有用微生物由来カビ抑止剤
いずれも特許「抗カビ方法」で使用する洗浄剤です。



20170721004.jpg

良く培養できています。
カビ種は、Epicoccum Purpurascens(エピコッカム パープラスセンス)です。
湿性を好むカビです。
PHは、弱酸、中性、弱アルカリで生育するカビです。
常温で生育します。
健康被害はありません。
湿性食品、植物、空中、木材、飼料などによく生えます。
このカビの被害は、食品を汚染(腐敗)したり、植物を腐敗させます(植物病原性)。
浴室の壁目地やタイルの目地などによく生えることがあり、
お掃除の時は、要注意で、「ホームレメディ」か「Miura-A」で洗浄することが必要です。
アルカリにしておけば、約6ヶ月は生えません。



20170721005.jpg


20170721006.jpg

分離が上手にできています。
Aspergillus Candidus(アスペルギルス キャンディダス) 白色~クリーム色です。
特に健康被害の報告はありませんが、カビ毒のキサントアシン、シトリニンを産生します。
食中毒に注意が必要です。(特にバスタオルからの感染に注意)
乾燥していても生えます。
生理性状は、PH5~6で弱酸性ですから、「ホームレメディ」(PH10くらい)で天井、壁、床、浴槽を
3日に1回くらいしっかり洗浄するのが良いと思います。
アルカリ性には弱いカビなのですが、酸系の洗浄剤を使うと増殖します。





社長ブログ「私たちは汚れやカビについて勉強しています」をアップしました

社長ブログ「私たちは汚れやカビについて勉強しています」をアップしました⇒コチラ

新特許~抗カビ方法~研修会の様子をご報告致します

昨年4月に取得しました特許「抗カビ剤の製造方法及び抗カビ方法」(特許第5922628号)の使用許諾のための研修会を6月19日(月)、20日(火)に開催しました。


20170707010.jpg



20170707005.jpg

講義に入る前に、ご出席者の方から、最近手がけていらっしゃる主な業務についてお話いただきました。















抗カビのために最も大切なことは、洗浄です。

カビの話題に入る前に、「洗浄科学の基礎」を最新のテキストにそって復習しました。

創研の技士が目指すのは、精密洗浄レベルです。

「カビの基本中の基本をしっかり覚える」「必ず覚えておきたい危険なカビ」など講義と実習を織り交ぜながら進めました。

20170707019.jpg

「目には見えない洗浄後の汚れを見る。(洗浄の確認)カビ、細菌、悪臭など全てに関わる基本は精密レベルの洗浄です。洗浄が全ての始まりです。しっかり洗浄しましょう。」






20170707013.jpg



20170707029.jpg

参加者の方には、事前にカビ拭き取り検査用品「ワイプチェック」をお送りし、カビが気になる箇所からサンプリングし、お持ちいただきました。

コンラージ棒でサブロウ寒天培地に塗り付けて培養する工程を実習していただきました。


20170707031.jpg


20170707036.jpg

20170707038.jpg



20170707054.jpg

コロニー計数による生菌数測定法の実習








20170707050.jpg



20170707060.jpg
ご自分の手指を検査対象にしたATP検査の実習














20170707069.jpg


 二日目も「カビの種類・発生個所と被害・対処方法」「ビニールクロスや外壁など素材別クリーニングのポイント」など座学と実習を並行して行いました。

20170707086.jpg


20170707100.jpg



20170707108.jpg

前もって培養しておいたカビを分離する実習








20170707129.jpg


20170707118.jpg



顕微鏡でカビを観察しました

2017070700033.jpg

 

2017070700053.jpg



20170707182.jpg 

二日間、熱心にご参加下さりありがとうございました。

創研の新特許~抗カビ方法~の研修会で専門的な勉強をして下さったのは下記の皆様です。

・㈱アサヒプランニング 小田 一美氏

㈲エコ・ワールド   田尻 昇 氏
・㈲九州光洋      納富 徹 氏、 安部 吉亮氏
・㈲京都ケミサプライ  田中 完士氏
・㈱グローバー     生巣 誠蔵氏
・㈲SOKEN飾屋   望月 文秀氏     
・㈱東商サービス    川筋 修平氏
・㈱リバイブ      大野 泰輔氏


ここで研修会にご参加いただいた皆様からのご感想を紹介させていただきます。

・実際の施工例を含む多くのデータ、写真を提供いただきカビについての

理解を深めることができました。

お客様への説得力を増大させることができる強大な武器になると感じました。

今後さらに現場での施工実績を重ねていき、より本質的な洗浄技術を

身に着けていきたいと思います。


・いつも楽しい講習会をありがとうございます。

研修を受ける都度、私の生物工学への知識が足りないと実感します。

今後もビル・ハウス等クリーニングの分野において、

私も地球の環境の浄化へ貢献できるよう精進してまいります。

次回の講習も楽しみにしております。


・今回の抗カビ特許使用許諾で世界を視野に社会貢献を考える機会を頂きました。

抗カビに対する講義も明解で資料作りもかなりの時間と労力を

費やされたこととお察しします。

現在の私の顧客に紹介して、販路拡大につなげ、世界にもつなげて参る所存です。


・人間の都合の悪い菌を抑止することをツールとして建築的に菌の発生を防ぎ、

困難な状況にある人々に貢献して仕事として利益を上げていきたいです。


・年々進歩していくバイオクリネスシステムズを使いこなせるよう

勉強していきたいと思います。

これからも研修会に参加させていただきます。

カビは奥が深いなと思います。


・この度の研修は「抗カビ方法」であり感想としては大変ハードなものでした。

平成24年6月に「特許工法 バイオレメディエーション」の技士認定講座を受講し認定されて以来、経験のない未知の世界で疑心暗鬼の状態でスタート致しました。そして、研修の基礎部分の理解は程々にしてバイオクリネス洗浄剤を活用して場当たり的に三浦代表にレクチャーを受けながらテスト施工をしているうちに、今までの概念では諦めていたものが復元でき、私とお客様が一緒にびっくり感動をしてきました。

今では「できない」仕事から「できる」仕事を提案する原点を活用してできたマーケティングに挑戦しております。

然しながら今回の研修は「カビの基本中の基本をしっかり覚える」がテーマであり2日間の研修では理解はできても実行は容易でないと悟りながら研修は終了しました。そして研修前に各自で抜き取り検査用ワイプチェックでカビの採取を行い研修時にシャーレに移して提出しました。後日カビ培養の結果写真を受け取り大変ショックを受けており、住む人の「健康・安全・安心」を守るためには理想と現実をどのようにマネジメントすることができるのかを考えたとき、この研修を復習しながら現場訓練での実践躬行であろうかと感じているところであります。




新特許~抗カビ方法~研修会を無事終了しました

6月19日・20日の2日間、知的財産使用許諾契約講座~抗カビ方法~(特許第5922628号)を開催しました。

20170623001.jpg


20170623002.jpg


20170623003.jpg


9名の方にご参加いただきました。

カビ検査の実習では、事前にお配りしていたカビ拭き取り検査用品「ワイプチェック」
サンプリングしてきていただいたものを培養する工程を体験していただきました。

培養結果は追ってHP上に掲載いたします。




社長ブログ「研修会の鋭意準備中です」をアップしました

社長ブログ研修会の鋭意準備中です」をアップしました⇒コチラ

社長ブログ「個人邸エアコン内部洗浄とカビ検査」をアップしました

社長ブログ「個人邸エアコン内部洗浄とカビ検査」をアップしました⇒コチラ


施工実績「東京都 一般住宅 エアコン内部分解クリーニング」をアップしました

施工実績「東京都 一般住宅 エアコン内部分解クリーニング」をアップしました⇒コチラ

<<前のページへ1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ