HOME > 施工実績 > 喫煙室の臭い・ヤニ汚れ対策

施工実績

神奈川県 オフィスビル 喫煙室の洗浄、消臭工事

1年振りに施工しました。

前回同様、洗浄と消臭工事を行いました。

臭気測定の結果
施工前:-74
施工後:-48

マイナス干渉ガスが発生しているということは、
塩素、フッ素、ハロゲン元素、オゾン、NOx(二酸化窒素)に反応していることが
考えられます。

洗浄後、数値が軽減しました。

この喫煙室は地下駐車場に隣接している為、車の排気ガスが流入しています。

タバコのヤニ汚れや車の排気ガスが混合し、異常な空気質になっていました。
10億分の1の空気質の検査数値では、NOx(二酸化窒素)のような一般の喫煙室では
出現しない悪い状況でした。


神奈川県横浜市 オフィスビル 喫煙室 タバコのヤニ汚れとタバコ臭の除去

喫煙室の天井(ジプトンに塗装)、壁(ダイノックシート)、床(クッションフロア)のヤニ汚れとタバコ臭を除去しました。

また、壁掛け式エアコン、天井ダクトファン、換気扇は分解洗浄を行い、照明器具も洗浄しました。

これまでは、他社が日常洗浄を行っていたようですが、ヤニ汚れやタバコ臭をなかなかきれいに落とせていなかったようです。

喫煙室やエアコンなどは、専門的な洗剤や技能が必要です。


神奈川県 オフィスビル 喫煙室たばこの臭いとヤニ汚れの除去

前回施工から約2年ぶりの施工です。

鋼板壁は一見汚れが付着しにくく、洗浄してもきれいに汚れが落ちると考えられがちな材質です。
しかし、一般的な洗剤だと汚れ落ちがムラになるのが特徴です。

今回バイオレメディエーション技術により、汚れをムラなくきれいに落としました。


神奈川県 オフィスビル喫煙室のタバコ臭とヤニ汚れの除去(定期清掃)

半年に1回、定期清掃のご発注をいただいている喫煙室です。定期的にバイオクリネス洗浄することで、脱臭、再汚を極端に予防することができます。


神奈川県 オフィスビル喫煙室のタバコの臭いとヤニ汚れのバイオクリネス洗浄

壁(ダイノックシート)の上部は既にタバコのヤニが浸透し茶色に変色していたため復元による脱色は不可能でした。天井の吸音板も同様でした。
バイオ洗浄により、臭気測定値は施工前の34が施工後は16に減少しました。


横浜市 オフィスビルの喫煙室のタバコのヤニと臭い除去

喫煙室の床、天井、壁に塗装した樹脂が変色を起こし、茶色または黒褐色になっていました。
バイオクリネス洗浄で、塗面上に被膜化したヤニはほぼ除去できました。またエアコンの汚れも相当なものでしたが、分解洗浄によりヤニを除去できました。


東京都中央区 ホテルの喫煙室のヤニ汚れと臭い対策

ホテル地下1階の喫煙室。タールによる汚れが天井や壁面にべっとりとこびりつき、強烈なタバコ臭がしていました。(臭気測定器による数値は477で6段階臭気強度表示の最高レベル)。天井や壁面などのバイオ洗浄及び集煙機の分解洗浄などを行った後の数値は69と大幅に改善しました(一般事務室のピークが69~70)

※ライセンス契約会社 株式会社東商サービス施工


神奈川県 オフィスビル喫煙室のタバコ臭とヤニ汚れの除去

7年間1度もプロによるクリーニングをしていない喫煙室。ヤニ汚れがベッタリと付着し、部屋中が茶色く変色していました。 塗装した壁や吸音板はムラなく均一に汚れを落とすことが非常に困難な素材ですが、バイオ技術によりムラなく仕上がりました。また臭気センサーによる室内の臭気の測定結果では、施工前の137が施工後は47まで下がりました。


千葉県 喫煙室のヤニ汚れとタバコの臭気のバイオクリネス洗浄

タールの付着浸透が激しかったため、通常は1回のところを3日間にわたり洗浄工程を繰り返した結果、ようやくタールを除去できました。但し材質に色素変化があり、色素還元までは完全には行えませんでした。タールとホコリがビッシリと付着した換気扇カバー、茶色く変色したブラインドなどはほぼ完全に復元できました。洗浄後に微生物の増殖による汚れと悪臭の分解消滅効果の継続のために、バイオ消臭剤を室内に噴霧しました。

※ライセンス契約会社 株式会社東商サービス施工


東京都中央区 ホテルの喫煙室内部及び室内集煙機バイオクリーニング

都内ホテルの喫煙室。施工前の臭気測定数値は176と、かなり強いタバコ臭がしていました。室内設置の集煙機にはタールによる黄ばみとホコリなどの汚れの付着だけでなく、内部にカビも繁殖していたため分解清掃を実施。室内天井と壁はバイオ洗浄剤によるクリーニングを行ないました。その結果、施工後の臭気測定の数値は69と、一般事務所内と同程度のレベルまで下がりました。

※ライセンス契約会社 株式会社東商サービス施工


12

このページのトップへ