HOME > SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~ > アーカイブ > 2014年7月アーカイブ

SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~ 2014年7月アーカイブ

化学合成物、カビ、汚れにまみれた環境から健康・安全・エコは生まれない

市場というのは「安全」も「安心」も損得勘定で動くものです。大手企業やそれなりの企業でも宣伝や営業方法が上手であれば、商品はそれなりに売れています。

近ごろ、地球上の二酸化炭素(CO2)の量が史上最高になったそうです。その量が地球環境に及ぼす影響を科学的に推察することは不可能になったそうです。
つまり何が起こっても仕方がないということです。

安ければ、恐ろしく粗悪品であっても、健康や建物がどのように悪化しようと知ったことではないという商売もあるかもしれません。あるいは、ニセ科学でだまされているかもしれません。
そんな現場に、私たちは日ごろ普通に出合っています。珍しいことではありません。

そうした現実の中で、いかに「バイオ洗浄」を取り入れていただけるか、弊社が提案しているバイオクリネスシステムズをご理解・ご愛顧いただけるか、知恵を出し誠実に訴え続けて参ります。

私は、健康も建物の保全も安全もすべて、不潔にしないことからはじまると考えています。化学合成物やカビと汚れにまみれてしまった環境から健康、安全、エコなどは生まれないと考えています。

創研のバイオ洗浄剤は、日本で弊社1社創研だけで製造販売しています。
私は強い信念を持ってバイオ洗浄科学にご理解とご愛顧をいただけるよう全力で頑張って参ります。

これからも皆様の変わらぬお力添えをお願いする次第です。


化学合成洗剤と石けんとの違い

洗剤は、「化学合成」と「石けん」の二種類しかありません。それ以外にはないのです。
近年、「オーガニック洗剤」「石けんより生分解性が数倍優れている洗剤」「○○○○○の洗剤は全て植物ミネラルでできている」(ラウリル酸ナトリウム)といった説明や宣伝があり、一般的にはこれらが安全で安心な洗剤だと思われてしまうことがあるようです。

結論を言うと、「そんなものはあるわけがない」のです。石けんの右に出るものはありません。
消費者を惑わす「オーガニック」「植物性」などの商品は、紛れもなく化学合成洗剤で経皮毒です。
化学合成洗剤(界面活性剤)は、普通の環境において生分解されることはありません。

「家庭用品品質表示法」では、石けん以外のあらゆる洗剤は「それ以外」に分類されています。つまり、石けんの界面活性剤とそれ以外の全ての洗剤(界面活性剤)は、性質が全く違うのです。
化学合成洗剤は、水で何回すすいでも薄めても分解されることはなく「残る」のです。

R-O(CH2CH2O)nSO3Na(アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)というのが合成洗剤の界面活性剤です。

生分解とは「微生物によって、または水によって加水分解」することを言います。
生分解には「一次分解」と「究極分解」とがあります。

「一次分解」は洗剤の界面活性剤の界面活性(汚れを引き離す作用)がなくなるまで分解してしまうことを言います。石けんは適量の水で薄めると加水分解して界面活性力を失うので、一瞬にして界面活性剤の作用は完結します。
「究極分解」とは、完全な無機物(水や二酸化炭素)になることで、石けんの界面活性剤は素早く無機物になり、無毒化します。

さらにバイオ洗浄剤には有用微生物が混和されおり、洗浄によって分離した汚れを微生物が餌として食べるので無機物となり、完全に消滅させることができるのです。(これがバイオテクノロジーです)


バイオ洗浄と一般のクリーニング(清掃)は「何が」「どう」違うのでしょう?

(1)使う洗剤が違います。

(2)SOKENバイオ洗浄剤は特許を取っているので、誰もが使用することはできません。(創研のライセンス契約会社のみ使用できます)

(3)バイオ洗浄の目的は、建物内外を傷めず、長期間にわたり美しさを保つこと、そして室内の空気を汚さずきれいにすることです。

(4)バイオ洗浄剤には、生きている菌が特別な技術(特許技術・バイオテクノロジー)で入っています。ヒト(人間)の目に見えない汚れや黴菌(バイキン)をとり除いたり、汚れや黴菌が増えるのを抑える効果があります。他の洗剤には絶対にない効果です。

(5)バイオ洗浄剤は化学合成洗剤ではありません。いわゆる石けん水と生きている微生物の混和剤です。バイオ洗浄剤は水 ですすぐと一瞬にして界面活性力の作用が完結するので、自然環境を含めあらゆるものに害や毒性を与えることがありません。

(6)普通の洗剤(業務用、一般市販品)は、「植物性」「オーガニック」「生分解90%以上」などと言っても化学合成洗剤(化学合成界面活性剤)ですから、室内外(建物全て)の「おそうじ」に使うとそのまま残ってしまいます。水で何度もすすぎ洗いをしても残ります。その結果、建物の寿命を大きく縮めてしまいます。また、ヒト(人)の健康にとっても経皮毒やアレルギー発症の原因になっています。


ライセンス契約会社の㈱東商サービス様が表彰されました

ライセンス契約会社の株式会社東商サービス様が、スーパーゼネコンのグループ会社より表彰されました。
小生としては、とても嬉しく感動したニュースです。


201473101.jpg


㈱東商サービスの川筋社長をはじめ、井上部長のグループの皆様が「清掃には『バイオ洗浄』が絶対に必要であり、最も有効である」と固い意志を貫徹し続けられた結果、その真摯な態度に対して表彰されたものと考えています。




表彰してくださった企業は、スーパーゼネコンのグループ会社です。
広い世界で「バイオ洗浄」が認められた喜びを一層強く感じます。

株式会社東商サービス様の「バイオ洗浄」にかける熱意に対し、心からの謝意を申し上げます。
これからも「バイオ洗浄」がこの世の中を救うものなのだと信じ、さらなる普及にご尽力されることを切に期待致しております。

 


1

« 2014年5月 | メインページ | アーカイブ | 2014年8月 »

このページのトップへ