HOME > SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~ > アーカイブ > 2014年1月アーカイブ

SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~ 2014年1月アーカイブ

和田秀樹氏 「医学部の大罪」(ディスカヴァー携書)を読んで

4799313983.01._SX264_SCLZZZZZZZ_V368245796_[1].jpg

大学の医学部の問題点やその改善の提案を、覚悟をもって執筆されたものです。
和田氏は東大出身の医師ですから、内部から視た改善提案のようで興味はつきません。

私はバイオテクノロジー(BT)に少し関わりを持っており、未来の医療、とりわけ対処医療が大きく変化する時期が必ず来ると考えています。
ips細胞の実用化に向けて研究や臨床が進行中ですが、日本の大学医学部の教授はどのように将来の治療に活用していく方法をお考えなのか、興味あるところです。
海外
の医薬品や治療などは日本で認可されるまでには日本独自の理論やエビデンスが必要とされるようですがips細胞の実用化もやはり従来のようなことになるのでしょうか。

現在は情報化の時代です。
日本の医学部教授の論文や外国の医学論文、そして臨床例などは誰でもその気になれば調べられるようです。

優秀な学生が多い医学部で、一生懸命に勉強している方々のさらなる革新と職能技術の向上に期待しております。

最後に和田氏は、21世紀の成長産業はバイオテクノロジ―以外考えられないと断じています。
ITからBTへ時代は動くということのようです。

私も心強く初志貫徹、バイオテクノロジーを実現化、ビジネス化するために、また奮起する気になった本でした。


感動した講演会でした ~東京商工業会議所杉並支部 新春賀詞交歓会にて~

鍵山秀三郎氏(株式会社イエローハット創業者、日本を美しくする会相談役)の講演で、「凡事徹底-平凡なことを非凡に努める-」というお話を聞きました。

私の職業は「清掃業」ですから、世間的には平凡な仕事で、社会的な高評価を得ることはあまりないように考えています。
おそうじは誰にでもできると思われがちですが、私は「バイオテクノロジーで汚れを取ること、汚さないこと、衛生的に清潔を保全すること」に全身全霊をかけております。
そしてこのことに、ことのほか誇りを持っているのです。

汚れ」は、不幸、病気、貧乏など災難を呼び寄せ棲みつきます。汚れは、災難を呼び寄せる魔物です。
そうしたことを鍵山先生の講話から学んだ有意義な時間でした。
鍵山先生、ありがとうございました。

私の夢は、日本中をきれいにするためのお手伝いをすること、そして世界から必要とされる仕事をすることです。

 


統計学の本を読んで考えたこと

20143101.jpg

最近、統計学のはしりみたいな本を読んでみましたが、疫学(原因不明の感染症)を調査したり原因を究明するのに有効だということらしいのです。
またビジネスにも幅広く活用されているらしく、ビッグデータはその活用度も高く有効なのだそうです。

統計学というと計算が非常に面倒でとても時間のかかるものですが、ITによっていとも簡単に計算できることが、現代の統計学だそうです。

私が取り扱う有効な微生物を統計的に集計し分析し活用したものはないかと探してみたのですが、見つけることができませんでした。
疫学は人の健康に害があってから行動をおこし調査するものですから、予防医学のように健康を害する前に健康を害すると考えられるカビ、ウィルスなどの量や種を統計的に集計分析したものはないようです。

皆さんの自宅はどなたがお掃除をするのでしょうか?

20143102.jpg

お掃除は健康を維持する上でとても大切なことであると認識している人は全体の何%くらいでしょうか?
統計学的集計分析はありませんが、「手をよく洗う、うがいをする、身体を洗う、衣類を清潔にする、食品などを衛生的に保管する、室内の汚れ・カビ・バイキン・悪臭などは極力、清掃して取り除く、室内は時々殺菌する」などは誰もが実行できることです。
しかし、こうしたことができずに、またはやらずに健康を害したり、流行の病気にかかってしまうことも多いのです。
簡単に風邪をひきやすくなってしまうことがその一例でしょう。


<写真>
「統計学が最強の学問である」西内啓 (ダイヤモンド社)
「数学的思考の技術」小島寛之 (KKベストセラーズ)



新年を迎え皆様益々のご盛栄を心からお祈り申し上げます

新年を迎え、皆様益々のご清栄を心からお祈り申し上げます。

さて、今年は坂本龍馬や出光佐三翁のように日本以外の地にも目を向けて
必要とされるバイオ技術を提供したいと考えています。
バイオは人間の想像を絶するパワーがあります。
今年はさらにバイオの活用方法などをご提案させていただけるよう努力致します。

昨年、カビ抑止に関する新しい微生物の発見と増殖に成功しました。
今年はそれを応用したカビ抑止剤とカビ汚れの漂白剤も完成する予定です。
ご期待ください。

皆様のさらなるお力添えをお願い申し上げます。

                                創研株式会社
                                代表取締役 三浦 博




1

« 2013年12月 | メインページ | アーカイブ | 2014年2月 »

このページのトップへ