HOME > SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~ > アーカイブ > 2013年6月アーカイブ

SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~ 2013年6月アーカイブ

木の香りを楽しむお風呂×カビとの闘い

取っても取ってもまた生える!
取っても取ってもまた生えた!

天然の木材を使用した浴場は温泉気分を高めリラックスしてやすらぎをもたらしてくれますが、致命的な欠陥はカビが生えやすいことです。湿度が高く垢汚れが多い浴場は、カビに取っても楽園であり、かけがえのない住処です。
建築士さんはカビが生えにくいように設計を工夫されているかもしれませんが、カビを抑止したり除去したりすることはいかに優秀な建築士さんでも難しいかもしれません。
カビは防ぎようがありません。

カビはどこからやってくるのでしょう?
答えは「どこからでもやってきます」
カビは人が想像する以上にタフでどこからでも入りこんで縦横無尽に活躍します。制御するにはバイオテクノロジーしかありません。

天然木材浴槽をバイオクリーニングしました。
日常のおそうじでは取れなかったカビが除去できました。
引き続きバイオ洗浄剤でお手入れしていただくことにより、特別な障害が無い限り、この状態は長続きするものと思われます。

20136269.JPG



<施工前>

一面に黒くカビが増殖しています







20137102.JPG





<施工中>








20137101.JPG




<施工後>
カビが除去され元の木肌の風合いが戻りました


天然石材にはコーティング剤を塗ってはいけない

千葉県松戸市の銀行の正面アプローチの御影石は、数十年の間、立派に保全されてきました。しかしさすがに長年の汚れが積層し、その輝きはすっかり失われていました。

御影石の復元クリーニングのご依頼を受けて、クリーニングした結果、御影石本来の輝きを取り戻しました。

これまでの弊社の経験から判断し、天然石材にコーティング剤(塗り物)や滑り止めなどは絶対に塗布すべきではないと考えております。コーティング剤(塗り物)は石に浸透し、その結果、石の汚れが取れなくなり黒ずんだままになってしまいます。そして結局は、研磨剤で削り落とすしか方法がなくなります。

天然のものは天然のまま、大切にお使いになることが何よりと思います。


20136263.JPGのサムネール画像

 

<施工前>

汚れが積層した御影石




2013732.JPG


<施工中>

弊社オリジナルのバイオ洗浄剤で丁寧に施工します




20136264.JPG



<施工後>

黒ずみがきれいに取れました


福岡まで「技士認定講座」出張研修に行ってきました

弊社のライセンス契約会社である有限会社九州光洋の納富専務は、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、飲食業などを中心に精力的に営業され、着実にその成果を出されています。

事業拡大に伴い優秀な人材を育成することが急務とのことで、この度「技士」(創研が認定するバイオ洗浄の専門知識を有する資格者)の教育のご依頼を受け福岡まで出張してきました。

2名の受講者はいずれも優秀な方でした。新しいビジネスである「バイオレメディエーション」、「バイオオーギュメンテーション」は、新しく画期的であるが故に一般に理解され難く、ビジネスは困難を極めることが想像できます。小生もバイオ関連事業を始めて10年以上になりますが、多くの方に理解していただくための努力を続けながらなんとかここまでやってきました。今後は、若い世代がバイオ環境ビジネスをさらに発展させてくれるものと信じています。

微生物(バイオ)は人と共生し、お互いなくてはならない存在なのです。

201361531.JPG


1

« 2013年5月 | メインページ | アーカイブ | 2013年7月 »

このページのトップへ