HOME > SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~

SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~

NPO法人カビ相談センター主催の講演を聴いてきました

東京農業大学 野本康二先生の講演のテーマは「プロバイオティクス乳酸菌と健康」でした。

人の腸内フローラの正確な理解のために検出された細胞の解説や、大腸癌患者の腸内フローラが
乱れている検査結果、2型糖尿病患者における菌血症の検査結果、また悩の多発性硬化症、慢性
疲労症候群、血管の動脈硬化、肝臓の非アルコール性脂肪肝、肝臓のインスリン抵抗性や2型糖尿病、
肥満、過敏性腸症候群などに腸内フローラが関与していることが分かってきているとの発表等ありました。

「微生物を利用したがんの治療戦略」の解説や[がん免疫治療法における腸内フローラの関与」の解説も
興味深いところでした。

さらに最近テレビ等で報道されている「Fecal Micrbiota Transplantation」(便微生物移植)のエビデンスと
今後の課題もとても関心のある話でした。

最新のトピックスで充実した講演会でした。
小生も微生物の有効活用や新しいテーマに挑戦し続けたいと考えております。

新年のご挨拶

新年を迎え、皆様のますますの清栄をお祈り申し上げます。


今年は亥の年で、力強く突進する1年であるよう努力して参ります。
まず「今の自分にできること」に取り組み、成果を出すことが大切だと考えております。

今の自分が得意とするものは何か?
よく思慮判別しながら取り組んで参ります。

ちなみに私の得意とすることは、微生物を含有する洗剤の開発とそれを活用する技能の構築、そして実践【バイオテクノロジーによる清掃(汚染物質を消滅させる)】だと考えています。

バイオテクノロジーを活用した清掃の効果や必要性は、残念ながら未だ一般的にご理解をいただいているとは思っていません。しかし、現代の日本の住環境や自然環境は、すっかり化学物質(放射性物質も同じ)に汚染され、現代病と言われるアレルギーは、右肩上がりに急激に増加しています。

アレルギーは免疫の疾患といわれ、原因免疫系の一部が発見されていますが、その対策と治療方法はなく、完治しない「不治の病」で一生苦しむことになります。

健康に生きるため「バイオを活用した環境の洗浄」を普及しなければならないと思っています。化学物質に侵されて健康を失う被害を少しでも食い止めることに、浅学非才な私ですが微力ながら力を尽くして参ります。

今年も様々な人との出会いが、お互いの幸福になりますよう心掛けて参ります。
本年もよろしくご指導とご鞭達のほどお願い致します。




今年も多数年賀状いただきましてありがとうございました。その中から2通ご紹介させていただきます。 

1111.jpg



















0111.jpgのサムネール画像のサムネール画像


















超資源国 日本

「日本は資源がない、忘れてはいけない」経済学者は断言しています。

確かに石油や鉱石は、他国から輸入しなければなりません。
もし輸入できなくなってしまえば、日本の経済は大変なことになるでしょう。

果たしてそうなのか?日本は他国にはない有用微生物の宝庫です。
有用微生物は環境改善はもちろん、電気も食糧も水も鉱物も造り出すことができます。
そして、世界が欲しがる医薬品も造れるのです。

車やITだけが日本の製品ではありません。

ただ残念なことに、国を挙げての有用微生物の研究や応用技能をやろうとしていないだけだと、
私はひそかに思っています。

例えば、有用なカビの粒を一口食べれば、人が生きていける万能な栄養を摂取出来たり、
発電する微生物を活用して電気を造ったり、海水を飲料にする微生物を利用したり等々、
応用技能が進化すれば日本は超資源国となるのです。

地球や人は、目に見えない微生物と共生しています。
人がやれることは、微生物もちゃんとできます。

日展で秋のひとときを過ごしました。

今年も日展に出かけて絵画、彫刻などを鑑賞してきました。

日展で入賞される作者の方達は、厳選された方々で、その才能と努力は、
並々ならぬものがあることは当たり前ながら、本当に作品の隅々まで
気を配り、妥協しない厳しい作品に、いつもながら圧倒されます。

作品の前を通り過ぎるように見てまわることは、作者の方々に対して失礼千万極まり
ないと申し訳ない気持ちです。

私も日々の仕事に追われる中「隅々まで気を配り、妥協のない仕事をしているか」と
深く反省しつつ、今年も日展で秋のひとときを過ごしました。

1126.jpg



















2018112602.jpg


自社ブランド製品を準備中です ~㈲京都ケミサプライ様(京都市)~

01 20181204.jpgのサムネール画像

先日、㈲京都ケミサプライの田中社長、水野氏、清水氏の三名がご来社くださり、微生物の活性と有用性、そしてアレルギーなどについて学習会を行ないました。

㈲京都ケミサプライ様は、近くバイオ洗浄剤をOEM製品として自社ブランドで販売される予定です。
それに先立って「京都企業グリーンイノベーション市場参入支援事業」として選ばれました。
洗浄剤のベースは「ホームレメディ」ですが、自社ブランドとして名称や容量、ラベルなどもほぼ完成しているようです。
衛生管理のできる注入機を購入し、販売に向けての準備が進行中です。

自社の製品として販売するにはなかなか難しいこともあるようですが、私にできることはなんでもお手伝いしたいと思っています。
販売での成功を切にお祈り致します。


03 20181204.jpgのサムネール画像














04 20181204.jpg













02 20181204.jpg


水野氏、清水氏とも久しぶりにお会いできました。
とてもたくましくなってこれからも楽しみです。





サントリー美術館で開催中の「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」に行ってきました。

先日「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」(サントリー美術館)を拝見してきました。

平安時代(874年)から近世にいたる醍醐寺の変還をたどることのできる展示会でした。

醍醐寺が護り伝えてきたものは?
醍醐寺の文化財を護るとは?

大きなテーマで真言密教の世界に全く無知な私には皆目見当もつきませんが、
彫刻、絵画などの密教美術が、1,000年以上も美しく保存されてきた努力や保存する技能は、
いかなるものであったか、知りたいことばかりでした。


0120181226.jpg



富士山五合目へ行ってきました。

富士山の五合目まで行ってきました。

山頂を望みながら、やはり富士山は日本人として世界に誇れる山であり、
大切な遺産として自然をこわさないようにしなければならないと思いました。

富士山には有用な微生物がいっぱい棲息していそうです。

020701.jpg











0207.jpg


住まいのお手入れは自然の産物である有用微生物のバイオテクノロジーで

1620181002.jpg

新協建設工業株式会社様(東京都台東区)のご紹介で、千葉市の個人邸のヒバ、ムク材をバイオ洗浄後、防カビ剤入り蜜ロウワックスを塗布する工事を3日間かけておこないました。

快晴で高温だったのでバイオ洗浄には最適の日でしたが、洗浄も蜜ロウワックス塗りも全て手作業のため、熱中症にならないよう水分、塩分を補給しながらの3日間でした。



1520181002.jpg今回の受注は、約1年前にムク材を使った浴室をバイオ洗浄し防カビ剤入り蜜ロウワックスを塗布した結果、カビが発生しなかったことをお客様に評価していただいたようです。

ムク材は、木の香りが心地よく、室内の空気をきれいにする作用があります。
まさに森の中で暮らしているように気分が良く、アレルギーや化学物質過敏症の対策にもなります。



弊社では、ムク材と同じ天然素材のバイオ洗浄剤を使用して汚れを取り除き、天然の蜜ロウでムク材を保護します。
勿論、化学物質は使用しませんからアレルギーなどにはなりません。


ムク材を使用した住宅にお住いの方、上手にお手入れができずお悩みの方はご一報ください。
また、ムク材のカビにお悩みの方もぜひご一報ください。
弊社に
はムク材を美しくよみがえらせる技能と知識、そして洗剤があります。


弊社にご用命くださった新協建設工業株式会社様は、首都圏の他、大阪支店、石川支店、広島営業所と広く営業されています。
自社で設計し自社で完了検査をおこない、アフターサービスまで整ったシステムは素晴らしいものです。

さらに日本の木材を使用し林業とともに生きることをコンセプトにされており、「住まいを予防医学する」ことを大切にお考えになっています。


私も、住まいがアレルギー、化学物質過敏症、シックハウス等、現代病の発症の原因となってはいけないと考えています。
日本の木材で、極力、化学物質を使わない家づくりを推進されている新協建設工業株式会社様をアフターフォローの面でお手伝いさせていただければ幸いと考えております。



施工実績のページも併せてご覧ください→コチラ


新商品「スーパーバイオⅠ」と「スーパーバイオⅡ」で作業短縮と鮮やかな復元を実感しました。

軽井沢ゲストハウスの布張りソファとウールカーペットを、新製品「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」で洗浄しました。


最初に「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」で全体洗浄をし、ワイン・コーヒーなどの食物のシミの部分には「SOKENバイオシミ抜き剤」を使いました。


従来は「SOKEN201」と「SBS」を使用していましたが、新製品の「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」は汚れ落ちが早くしっかり汚れを落とします。

                                                                                                

「SOKEN201」は漂白効果がありますが、タンパク汚れや油脂汚れには新製品の「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」が効果的です。 「スーパーバイオ」と「スーパーバイオ」にはタンパク、油脂などをすばやく分解する微生物由来分解酵素3種類が配合されています。なおかつ生菌(芽胞菌)も配合されていますから悪臭の消滅もでき抗菌作用も持続します


①座面全体をブラッシン



②シミの部位をさらにブラッシング



③最初にシミの部分に「スーパーバイオⅠ」と「スーパーバイオⅡ」の混合液をしみ込ませる