HOME > SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~

SOKEN社長ブログ ~社長の独り言~

木の香りを楽しむお風呂×カビとの闘い

取っても取ってもまた生える!
取っても取ってもまた生えた!

天然の木材を使用した浴場は温泉気分を高めリラックスしてやすらぎをもたらしてくれますが、致命的な欠陥はカビが生えやすいことです。湿度が高く垢汚れが多い浴場は、カビに取っても楽園であり、かけがえのない住処です。
建築士さんはカビが生えにくいように設計を工夫されているかもしれませんが、カビを抑止したり除去したりすることはいかに優秀な建築士さんでも難しいかもしれません。
カビは防ぎようがありません。

カビはどこからやってくるのでしょう?
答えは「どこからでもやってきます」
カビは人が想像する以上にタフでどこからでも入りこんで縦横無尽に活躍します。制御するにはバイオテクノロジーしかありません。

天然木材浴槽をバイオクリーニングしました。
日常のおそうじでは取れなかったカビが除去できました。
引き続きバイオ洗浄剤でお手入れしていただくことにより、特別な障害が無い限り、この状態は長続きするものと思われます。

20136269.JPG



<施工前>

一面に黒くカビが増殖しています







20137102.JPG





<施工中>








20137101.JPG




<施工後>
カビが除去され元の木肌の風合いが戻りました


天然石材にはコーティング剤を塗ってはいけない

千葉県松戸市の銀行の正面アプローチの御影石は、数十年の間、立派に保全されてきました。しかしさすがに長年の汚れが積層し、その輝きはすっかり失われていました。

御影石の復元クリーニングのご依頼を受けて、クリーニングした結果、御影石本来の輝きを取り戻しました。

これまでの弊社の経験から判断し、天然石材にコーティング剤(塗り物)や滑り止めなどは絶対に塗布すべきではないと考えております。コーティング剤(塗り物)は石に浸透し、その結果、石の汚れが取れなくなり黒ずんだままになってしまいます。そして結局は、研磨剤で削り落とすしか方法がなくなります。

天然のものは天然のまま、大切にお使いになることが何よりと思います。


20136263.JPGのサムネール画像

 

<施工前>

汚れが積層した御影石




2013732.JPG


<施工中>

弊社オリジナルのバイオ洗浄剤で丁寧に施工します




20136264.JPG



<施工後>

黒ずみがきれいに取れました


福岡まで「技士認定講座」出張研修に行ってきました

弊社のライセンス契約会社である有限会社九州光洋の納富専務は、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、飲食業などを中心に精力的に営業され、着実にその成果を出されています。

事業拡大に伴い優秀な人材を育成することが急務とのことで、この度「技士」(創研が認定するバイオ洗浄の専門知識を有する資格者)の教育のご依頼を受け福岡まで出張してきました。

2名の受講者はいずれも優秀な方でした。新しいビジネスである「バイオレメディエーション」、「バイオオーギュメンテーション」は、新しく画期的であるが故に一般に理解され難く、ビジネスは困難を極めることが想像できます。小生もバイオ関連事業を始めて10年以上になりますが、多くの方に理解していただくための努力を続けながらなんとかここまでやってきました。今後は、若い世代がバイオ環境ビジネスをさらに発展させてくれるものと信じています。

微生物(バイオ)は人と共生し、お互いなくてはならない存在なのです。

201361531.JPG


四国の松山まで行ってきました

ライセンス契約をしている株式会社アサヒプランニング(広島県福山市)の小田社長のご依頼により
四国の松山に日帰りで行ってきました。

今回の案件はタバコの臭いと外壁の汚れが主なテーマでしたが、
デモンストレーションの結果、とても良い方向に話は進み大型の成約が期待できそうです。
小田社長によれば、四国で大きく組織をつくりたいとのご希望を持っての第一歩だそうです。
私も微力ながらできる限りご協力しようと考えています。

帰りに松山の名産のじゃこ天、山田屋まんじゅうを買ってきました。
とても美味でした。

2013653.JPG





デモンストレーション前







2013654.JPG

デモンストレーション後

施工した箇所としていない箇所の違いが はっきりとわかります










2013655.JPG


デモンストレーション後

少し離れた所から撮影しました。




エアコンクリーニングいつやるの?  それは今でしょう!

素晴らしい機能があって高価なものでも、汚れてしまっては台無しですね。
日常の生活の中で発生する空気の汚れは、1台や2台のエアクリーナーで対処できるはずはありません。

朝日の降り注ぐ太陽の中で無数に舞うホコリをご覧になったことがありますか?
日常の生活で舞うハウスダストに含まれる微生物、ウィルスの数は測定不可能なレベルで莫大です。
この莫大な数をエアコンが吸い、そして吐き出す。
循環でお部屋の中は、ホコリやカビ、ウィルスだらけになります。

なぜエアコンをクリーニングせずに使用し続けることに恐怖感がないのか?
不思議に思います。

201352218.jpg











201352213.jpg

創研は
退去後の公共住宅のエアコンクリーニングを
ほぼ毎日のように施工しており経験豊富です。


エアコンを本格的に使い始める前の今が
お掃除に最適な季節です。



檜風呂と檜のサウナルームのカビ対策を行いました

白木檜風呂と檜のサウナルームの復元クリーニングを行いました。

長時間使用されていなかったため漏水や腐食がおこっていましたが、有用微生物と石けん水のバイオ洗浄により檜の風合いが復元できました。また漏水の箇所はパテで補修しました。乾燥後、当社オリジナルの微生物由来の抗菌活性力のある蜜ロウをしっかり塗りこんで完了です。

こうした工程を確実におこなうことにより、微生物の力でかなりの期間にわたってカビが増殖しません。


一般的に白木を使った檜風呂やサウナの手入れは難しいとされていますが、当社にはこれまでの経験とノウハウがありますので、檜やヒバなどの白木材の風呂のお手入れはぜひお問い合せください。

尚、日常の檜風呂などのお手入れとカビ対策のための檜風呂用各種溶剤をネットで販売していますので併せてご活用いただければ幸いです。     
              
2013581.JPG


<洗浄前>

 カビで黒ずんでいます







2013582.JPG



<洗浄前> 

近くで見ると木部の芯までカビが生えているのがわかります




2013583.JPG

  

 

<洗浄後>

黒ずみが取れ木の風合いが甦りました


お褒めの言葉をいただきました ~玄関周り天然石材のバイオ洗浄~

岡山県の㈱石津建築設計事務所の難波氏より、お褒めの言葉をメールでいただきました。

約1年前に岡山県のマンション「サーパス上中野」の玄関周りの天然石材をバイオ洗浄したのですが、1年点検の結果、「ただきれいになるだけでなく風合いが非常にいい感じになっている」とのことでした。改めて、バイオ洗浄の優位性を確認したところです。

弊社をご指名いただいた難波氏に感謝するとともに、さらなる研鑽を重ねて参ります。

ご参考までにお送りいただいた現在の建物の写真を載せました。


*テスト施工前後に正面玄関の天然石に付着したカビを採取し、施工前後でカビがどうなるか調べる実験を行いました。施工前はクロカビやススカビなどが付着していましたが、施工後はクロカビもススカビも検出されませんでした。(実験結果の写真もご覧ください)

                                           

CIMG7350.JPG
















CIMG7372.JPG



カビの検査結果<正面玄関から採取>   

20130042401.jpg
<テスト施工前>
                 
クロカビやススカビが付着しています   
   








2013012402.jpgのサムネール画像のサムネール画像<テスト施工後>

クロカビやススカビは付着していません



お客様からのお便りをご紹介します

最近いただいた女性のお客様からのお便りをご紹介します。

「ジブリ美術館に行った際、巨大なぬいぐるみ状のネコバスに子どもたちが上がったり、とりついたり、大いに戯れ喜んでいるのを見て、ふと消毒はどうしているのだろう?と思い至りました。
悪臭がしていたわけでも、何も手入れしないままというはずもなく、一体、何を使って掃除しているのか、とても気にかかっております」・・・とありました。

私はまだ行ったことがありませんので、ジブリの森のホームページでどのようなものか確認してみました。
写真を拝見するとネコバスはきれいに見えますが、親御さんにとってはクリーニングに何を使用しているかは気になるところだと思います。
子どもさんが触れるものですから、身体に害のない、できれば自然のものを使っていることを願います。

同じく「クラシックコンサートが開かれるホールの気になる老人臭について」の話題もありました。

皆さんが何を気にしていらっしゃるのか? 何が問題なのか? 何を希望していらっしゃるのか?
お客様のお便りから考えるヒントをいただいています。

悪臭・特異臭でお悩みの方々へ朗報です ―新製品の開発に成功しました―

環境省が推薦する簡易嗅覚測定法は、三点式臭袋の公定法と比較して簡便ながら同じ臭気指数の算出ができることが私たち実務者にとって朗報でした。

弊社では、臭気をヒトの嗅覚で測定、判断し、これまでなかったバイオテクノロジーを活用して悪臭を除去することに成功しました。この方法は、他社にある消臭剤のように「匂いや芳香で悪臭をマスキングする」方法とはまるで違います。

悪臭の原因は実に様々です。生物の腐敗、生活の特有な臭気、香料、揮発性有機化合物臭などの複合臭が悪臭ですから、それを消滅させるのは「人知の及ぶところ」ではないと考え、こうなったら「40億年前から地球に棲息」している微生物の活性に頼る以外に途はないと、数年にわたり様々な試行錯誤と実験を重ねてきました。そして、悪臭を消滅させるためのバイオテクノロジーによる脱臭剤と脱臭装置を開発しました

ここで脱臭理論を述べることはしませんが、私たち実務者にとって完全に簡便に脱臭できることがビジネスの上で何よりも大切です。

私たちにとって簡易嗅覚測定法は使い勝手がよく、その判定に基くバイオテクノロジーによる悪臭の脱臭法を大いにご活用いただけるよう普及に努力してまいります。

このブログを環境省の方々がご覧いただいておられましたら、是非、簡易嗅覚測定法で結果を判定する当社の「優良微生物による悪臭の消滅」工法をバックアップしていただけるようお願い致します。


弊社のライセンス契約会社対象の研修会での簡易嗅覚測定法の実習の様子です

2013032708.JPG201332709.JPG







201302711.JPG201332710.JPG











201332713.JPG201332712.JPG










201332715.JPG201332714.JPG










201332717.JPG201332716.JPG


新商品のお話 ―「長岡京 田なか」さん―

弊社のライセンス契約会社()京都ケミサプライの社長田中完士氏のご家族が責任者を務める「長岡京 田なか」さんが、この度、「白寿」(優良菌に昆布ふりかけを配合した食品)に野菜のチップ状のものを配合した商品を新たに開発されました。

お弁当や日頃の栄養補助食品として、ぜひご愛顧いただければと思います。

昨日(3/12)、田中社長が弊社に立ち寄られた際、新商品を見せていただきました。早速、味見をさせていただきましたが、ごぼう、蓮根、じゃが芋、オクラ、玉ねぎ、さつま芋、にんじん、かぼちゃ、柚子、鰹、一味など11種類の味が楽しめ、とても美味しくいただきました。「味良し、健康に良し」は間違いありません。

120グラムで315円(税込)だそうです。


20130327.JPGのサムネール画像



蓮根、鰹、にんじん、柚子、じゃが芋、さつま芋、かぼちゃ、オクラ、一味、ごぼう、玉ねぎの11種類の味がそろっています


<<前のページへ56789101112131415

アーカイブ

このページのトップへ